2016年02月07日

ワーク・ルールズ!

Googleの人事責任者である ラズロ・ホックが書いたベストセラー



2006年から9年の間にGoogleの従業員が6千人から6万人に増え、世界40カ国に展開

その中でgoogle人事がどのように対処してきたのか?

採用、育成、評価、文化づくりなど

惜しみなく、わかりやすくシェアされている。

1 仕事に意味をもたせる
2 人を信用する。
3 自分より優秀な人だけを採用する。
4 発展的な対話とパフォーマンスのマネジメントを混同しない。
5 「2本のテール」に注目する。
6 カネを使うべきときは惜しみなく使う。
7 報酬は不公平に払う。
8 ナッジーきっかけをつくる。
9 高まる期待をマネジメントする。
10 楽しもう!

それ以外にも
創業者のようにふるまう
文化を作る上でのポイントは、ミッション、透明性、発言権
採用活動を全社員の仕事の一部とする
データに基づいて議論する
キャリブレーションを使う(評価の調整)
メンバーが愛を伝え合う環境を作る


気がついたことをどんどん取り入れる。

失敗してもそこから学んで改善し続ける。 

まさにネットのABテストを社内制度、そして文化づくりにも取り入れている。

この徹底感が文化や制度をここまで発展させてきたんだ。


何年も連続で全世界で社員満足度一位をとり続けている秘訣。

この規模になっても更に進化している所がすごいと思った。

まさに人事のバイブル。

共感でき、参考になる所が多かった。

アマゾン

PS. お金をかけずに多くの施策を・・・とあったけど、この利益率と成長、そしてこの規模だからできたこともあるかな

やはり会社は利益を上げないとね


  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 21:33Comments(0)私の読書

2015年06月28日

渋沢栄一 論語と算盤(そろばん)

ずっと本棚にあったこれを一気に読んだ。



日本の資本主義の父と言われ、多種多様な企業の設立・経営に関わった。

東京瓦斯、東京海上火災保険、現王子製紙・日本製紙)、現東京急行電鉄、現太平洋セメント、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績など500社以上

政治や社会活動にも大きく影響を与えた人物だ。

障害を通じて貫いた経済哲学。



「利潤と道徳を調和させる」

100年以上前の経済人だが、経営の本質を突いた明快な哲学。

意思の鍛錬をしろ

お金とは大切にすべきものであり、同時に軽蔑すべきものである。

よく集めてよく使おう

成功と失敗で人を評価しない。社会のために尽くそうとした精神と効果によって行われるべき

人格を磨け

正義、廉直、義侠、敢為、礼儀といった武士道は実業道

女性の実業界での活躍


この精神が結果的に人も経済も大きく動かす。


アマゾン  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 16:26Comments(0)私の読書

2015年04月25日

ジョナサン・アイブ アップルの天才デザイナー

友人の勧めで読んでみた。

ジョナサンアイブ


若きイギリス人デザイナー ジョナサンアイブが縁あってアップルに入社。

窮地に陥っていたアップル債権の立役者となった。

製品のデザインに徹底的にこだわりデザインを中心に製造、技術、そして販売を動かしていく。

世界一のデザイナーを本気で探して経営に活かしていく。

デザインがアップルの成長に大きく貢献していたのかが理解できる

日本の製造業に製品のデザインにここまでのこだわりを持っている経営者がいるのか?

製造業だけでなく、我々のようなサービス業にも同じことが言えると思った。


初期のマックやiMAC,Cube、そしてiPod、iPadなどの開発秘話も面白い。

アップルファンならぜひっ手に取ってみてください。

アマゾンで購入
  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 18:15Comments(0)私の読書

2015年02月01日

エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする



多くのビジネスマン・現代人がする考え方
全て大事だ
全部できる方法はないか?
あれもこれもやらなきゃ
反射的に何でもやります!
根性で頑張る、
そしてその結果
無力感
なにか振り回わされている
何もかも中途半端


欲張りな起業家も陥りやすい思考だ。

私も、もっとできる、努力が大切、多くを試す などの考え方を中心に生活していると思う。

ただ、それは本当に充実したビジネス生活、プライベートをおくれるのか?

この解決策が「エッセンシャル思考」


世の中の大半のものはノイズである → より少なく、しかしよりよく

もしもこれを持っていなかったら、今からお金を出して買うだろうか?

大切な技術は 見極める → 捨てる → 仕組化する


フェイスブックやツイッターなどのあふれかえった情報
多くの会議
毎週の飲み会
勉強会

多数の粗末なことを見極め容赦なく捨てる。

大多数のものが不要だという考え方だ。

そして、その結果多くの充実感を得られる。


前にはやった断捨離的な考え方。

すっきりします!

おすすめでーす

エッセンシャル思考  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 17:19Comments(0)私の読書

2014年11月18日

旭山動物園 未来のスケッチ 遠藤功

北海道の旭山動物園の再建から学ぶ経営学。

友人の勧めで読んでみた。



96年に26万人まで落ち込んだ入園者数が上野動物園を超える300万人を超えるまで人気になった秘訣は?

4年前に実際に訪れたこともあり、興味を持って読むことができた。
現場力
差別化戦略
 差別化は際立つこと。これは理念に基づいたものでなければ長続きしない。
失敗を許す風土
 現場主導で改革が進むのはこの価値観
アウトプットの重要性
など、多くを学べたが、一番は「理念経営の重要性」だ。

彼らの使命は、動物たちの命の輝きを伝えること。

動物たちの命の価値に差はない。

いままでにない動物たちの行動展示が動物園にイノベーションを起こしたのだ。


20名の飼育員一人一人が動物を動物園を愛し、理念を信じ続けるから出来たのだ。

予算も人もないどん底の状態から這い上がれたのは、その時皆で描いた14枚のスケッチ。

自分たちが作りたい夢や理想をスケッチに描いた。

それは動物たちの本当の姿と触れあえる今までになかったもの。

そのスケッチがが危機に立ち向かう原動力になり、多くの人を動かした。

スケッチに具体的に描いたものは必ず実現するのだ。


信念は風化する というくだりも勉強になった。

多くの会社が掲げている企業理念や使命、信念はどうしてうまくワークしないのか?

それは、腹に落ちるまでの理解と強烈な体験が欠けているからである。

頭ではなく身体で”経験”して初めて信念が分かるのだ。

なかなかの良書です。

未来のスケッチ  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 18:07Comments(0)私の読書

2014年08月09日

独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門

また過激なタイトルにつられて購入。




それが、素晴らしく良かった!

日本人は独裁という言葉を嫌うし、独裁者になりたいと思っている経営者はいないと思う。

独裁力とは、組織を率いて意思決定を行い、実行し、結果を出す力

独裁、権力アレルギーから抜け出し、経営者としての本当の目標を達成する!

独裁力をツールとして使いリーダーシップを発揮する。

権力を科学するというユニークなアプローチ。

気になったセンテンスを挙げておく
リーダー力=コンセプト力+独裁力

権力は何かをなしとげたい人のパワフルな道具であり、リーダーシップの一部である。

組織人としては、いくら意思決定しても権力がなければ組織を動かすことはできない

現代社会における反権力の4つの罠
1.すりあわせ至上主義
2.強みを生かすというお題目
3.組織文化論のせいにする
4.間違った権限移譲の信奉
経営者もフォロワーも新人も読むべし!

アマゾンで購入  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 16:00Comments(0)私の読書

2014年08月04日

僕がジョブズに教えたこと



「才能」が集まる会社をつくる51条

シリコンバレーの成功者 アタリのファウンダー ノーラン・ブッシュネル 氏の書籍

魅力的なタイトルに誘われて購入!!



変化し続けるクリエイティブな会社を作るにはどうしたらいいのか?

経営者がいつも悩んでいる問いに応えてくれた書籍だと思う。

例えば
資格も経歴も無視
鼻持ちならない人を雇え
クレージーな人を雇え
さいころで決めてしまえ
など

いうのは簡単だが、なかなか取り入れにくい施策の数々

シリコンバレーから世界にイノベーションを起こせる組織はこうでないとと 納得!

少しづづでも取り入れて皆の力を発揮できる会社にしていきたい  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 17:39Comments(0)私の読書

2014年05月06日

シンプルな戦略 山梨 広一

GW中の読書で一番はこれ!



マッキンゼーパートナー経験20年、トップコンサルタントの著者

その戦略は一言で言えるか?
1.今なぜシンプルな戦略が必要なのか?
2.戦略構築の基本
3.シンプルな戦略の3つのパターン
4.シンプルな戦略で成功するために求められるもの
まさに出会いたかった教科書だ!

究極に考えられた戦略はシンプルであること。

基本中の基本をやりぬくこと、考えぬくことは、実は非常に難しい。

あきらめないで、考え抜かなければ決して答えは出ない。

この本との出会いに感謝!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492533419/shibuyaventur-22/  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 23:22Comments(0)私の読書

2014年03月06日

昭和史

日本はなぜ戦争をくり返したのか?

経営者仲間でパールハーバー見学前にこの本を読むことになった。



学んだことを書いたのでここで共有する。


まず、曖昧であった我が国の戦争の歴史・事実を整理することができたのはとても良かった。

先代の日本人が残した教訓は大きく、ここから多くのことを学ぶことができる。

著者も述べているが日本人の精神構造の欠点なども振り返ることができる書籍である。

最後の章「310万の死者が語りかけてくれるものは?」のまとめは素晴らしく、この戦争から学んだことを今後に活かしたいと思っている。

著者の5つの教訓に合わせてまとめてみると

①マスコミにあおられた国民的熱狂に流されてはいけないこと
国民的熱狂は良識のある意見をも巻き込み、大切な事実や判断を見誤ってしまう。
マスコミは、そもそもそういうものだと認識をし、リーダーは本質を見抜いていかねばならない。
現代のビジネス社会に置き換えてもメディアの情報は本当ではないと疑って考えることが重要である。

②日本人は抽象的な観念論を非常に好み具体的な理性論を検討しない
そうなってほしいという考えが思いこみになってしまう。
自分でもそうであるが、ありたい自分を強く描くことで自分自身をマネジメントする方向が強い。
ただ、俯瞰的に客観的に物事を分析をしないと単なる思い込みになってしまい、事業の成功の可能性は高まらない。
観念だけで行動してはいけないと強く思った。

③タコつぼ社会における弊害
一部のエリートで物事を決めてしまう危うさ。
これは私自身はあまり強くないと思うが現在の日本の組織には残っている弊害の一つだと思う。

④国際常識を理解していない
降伏文章の調印が終戦であること。主観志向が強い。
大きな失敗をしているわけで島国の常識は世界の非常識であるということを強く認識すべきである

⑤対処療法的なすぐに成果を求める短兵急な発想
歴史観、大局観、複眼的な見方ができていない。
これも強く同感。長期的な視野を持って組織を運営すべきである。
当社もそうであるが変化の激しいマーケットでこの視野を持つのはとても難しい。
ただ日本人の欠点の一つだと思い戒めていきたい。

また日本人のポジティブなポイントについても整理してみた。
①組織力(これだ!と決めたらみんな動く)
②一つになれる国民性 

500ページにわたる大作だが、一度読んでみることをお勧めしたい


  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 11:18Comments(0)私の読書

2014年01月14日

爆速経営

新生Yahoo!の500日を書いたもの。



たった一年半で巨像を変革してきた宮坂社長のリアル物語

1650億の経常利益を2020年までに倍にするという目標を掲げスタートした新体制

共感できることが多かった。
脱皮できない蛇は死ぬ
10倍挑戦して、5倍失敗して、2倍成功する
経営者が自分の判断に迷うのは、目標が明確ではないからだ
まず、登るべき山を決める
言霊が組織を動かす
見られるからこそ社員は輝く
イノベーションには会議より会話
などなど


これは読まないといけない本です。

アマゾンで購入
  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 07:57Comments(0)私の読書

2013年12月31日

ドラッカー三昧

経営者の条件決断の条件経営者に贈る5つの質問



年末ギリギリにドラッカーをじっくり読む時間を取ることができた。
以下は経営者の条件から
エグゼクティブの仕事は成果をあげること
時間をマネージすること
貢献に焦点を合わせること
強みを活かして個人の自己実現と組織の機会を結びつける
最も重要なことに集中すること


これらは急いで読み切るものではない。

理解し、自らをかえりみる

当たり前のことをシンプルに考え、やり続けることの難しさを痛感。

2014年も基本にかえって実直にやります。

皆さんありがとうございました。

2014年もよろしくお願いします。  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 20:45Comments(0)私の読書

2013年09月16日

リーダーは優秀さを捨てなさい。

JT日本たばこで最年少支店長になった浅井さんの書籍。



リーダーに必要な5カ条 
1.自分に出来ることは一生懸命やる
2.できないことは部下に任せる
3.自分の優秀さをアピールしない
4.部下に誠実な関心を持つ
5.f事実に基づく
リーダーは優秀さを捨てなさい。

これを実践しているリーダーはどのくらいいるのだろうか?

自らゼロから創業した起業家は、本当に優秀な人が多いと思う。

人より頭2つも3つも抜け出ていないと会社を立ち上げ、起動に乗せることは難しい。

よってほとんどの起業家は、部下よりも
優秀でなければならない。
成長し続けなければいけない。
社員のお手本になるべく人間性を磨くべき
と考えるのが一般的だ。

立ち上げには起業家個人の高い能力とカリスマは必要だ。

でも、企業が立ち上がり軌道にのった後、

そのまま?中小企業に終わるのか?

それとも社会に大きな影響を与える会社になるのか?

いつまでも社長の能力に依存しているようでは、社長の能力以上に会社は伸びない。

組織を作るということは、部下を信頼し、任せ、現場力をいかにつけるか?だ



本書は浅井さんの実体験からのメソッドで非常にわかりやすく、改めてリーダーシップを学ぶことができた。

タイトルのようにはじめてリーダーになる人だけでなく、起業家にもいいと思う。

Amazonで購入
http://img01.dgblog.dreamgate.gr.jp/usr/e037/51NP6qZgeQL._BO2%2C204%2C203%2C200_PIsitbhsticker-arrow-click%2CTopRight%2C35%2C-76_AA300_SH20_OU09_.jpg”">
  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 15:48Comments(0)私の読書

2013年08月13日

永遠のzero 影法師

大ヒットの海賊と呼ばれた男に引き続き百田さん

読むのにちょっと時間がかかったが前評判通り!!






どちらかといえば、私は永遠のzeroをオススメ。

下手な戦争本よりも終戦での日本兵たちの思いがリアルに描かれている。

長編だが一気に読めます。

終戦記念日のクーラーの効いたところでどうぞ。

さぁ明日から夏休みだー  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 13:28Comments(0)私の読書

2013年08月12日

知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長・・

経営者jpの井上社長から献本いただいた。



中小企業だからこそ採用が最も重要な業務だと思う。

大企業は中小、ベンチャーにない歴史、知名度、仕組み、組織、顧客などのアセットがある。

だから、採用が少々失敗しても大きな影響はない。

しかしアセットの少ない中小、ベンチャーは新人一人であっても影響が大きい。

だからこそ徹底的にこだわるべきなのだ。

学歴が高いからといって仕事ができるとは限らないが、

小さな会社でも東大、京大などの超優良校からどうやっら採用できるか?のノウハウ満載だ。

改めて学んだこと
志望動機を最初に評価するのは間違え
優秀な学生とは採用とは別の理由で会う
習慣になるまで努力したエピソードを聞く
そして
社長の情熱は伝わる
井上さんありがとうございました。

Amazonで購入  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 09:22Comments(0)私の読書

2013年07月22日

不格好経営 南場さん

DeNA南場さんの新刊



2000年に設立、1000億企業を作り出したDeNAのサクセスストーリー

生い立ちから、家庭の話、経営陣とのやり取りや現場感など臨場感いっぱいで一気に読めた。

当社と同時期の立ち上げで、このスピード、成長は本当に学ぶところが多い。
強い経営チームが会社を作っていくこと
優秀な採用にこだわり続けること
組織論
そしてこの規模になっても忘れないベンチャースピリッツ


これは読まないとね

アマゾンで購入  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 23:11Comments(0)私の読書

2013年06月29日

運をつかむ技術 HIS澤田さん



サブタイトルは 

18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密

先日講演をお聞きしたのでよい復習になった。
澤田さんの学生時代から、HISの起業、スカイマーク・HS證券の立ち上げ物語

ハウステンボスの挑戦

そして運を取り入れる技術

そして、将来
特にタイトルにもなっている「運をつかむ技術」について

運は自力で変えられる。
波動を認識する。
気のコントロール
ポジティブシンキング
陰と陽

このクラスの方でも基本的な生き方を重視されているところがとても共感できる。

勇気が出る一冊です。

アマゾン  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 15:27Comments(0)私の読書

2013年05月04日

ニューアース エックハルト・トール

ゴールデンウィークは溜まっていた本を片付けるチャンス。

ずっと読めなかったこれ!

全米でベストセラーのスピリチュアル本。



すべてを超える普遍的な真理は存在するのか?
エゴとの決別
ペインボディの認識、解放
いまに在る意識
役割を演じることをやめる
感情と意識を理解する。
自分をありのまま受け入れる
本当の自分の発見
人生の目的は何をするかではなく、何者であるか?
多くのスピリチュアル系ではかなりいい部類だと思う。

目覚めていない自分を自覚したから目覚めたかな?

意識も少し変わったし、、、

私はこういう系好きです。

このブログでは、全く意味不明だと思うので興味のある方はこちらへ

amazonニューアース エックハルト・トール  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 21:44Comments(0)私の読書

2013年02月20日

やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール



リクルートOBの先輩 坂上仁志さんの新書

ランチェスター戦略で著名な坂上さんが差別化のための戦術を具体的に示してくれている。

すぐ読めるし、実践できるので若手ビジネスマンにはオススメだ!

一流ビジネスマンの79の習慣!
1.一流の人は名刺交換のときに「     」している。
2.一流の人はある結果を出すために「     」しない。
3.人に何か相談するとき一流の人が気をつけているポイントは「     」である。
4.利益を二倍にするためには「     」になること。
5.No1になるコツは「     」である。
答えは↓  続きを読む

Posted by ベンチャー社長ブログ at 20:56Comments(0)私の読書

2013年02月12日

採用基準 伊賀 泰代さん



ベストセラーには理由がある。

これは人事の本ではなく、リーダーシップの指南書である。

とっても実践的なので、ずっと会社の机に置いてあった。
・さまざまな概念と混同されるリーダーシップ
・リーダーがなすべき4つのタスク
    目標を掲げる。先頭を走る。決める。伝える。
・リーダーの基本動作
    バリューを出す。ポジションを取る。自分の仕事のリーダーは自分。ホワイトボードの前に立つ。
・全ての人に求められるリーダーシップ


特に、ポジションに関係なくリーダーシップを発揮する という基本的な考えは賛同できる。

リーダーとは?と本気で考える方にはおすすめできる本だ。

著者はマッキンゼーの人事責任者。

伸びつづける会社の採用は違うなぁ

アマゾンで購入
  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 16:06Comments(0)私の読書

2012年11月29日

ビジョナリー・カンパニー 4

早速第4弾を読んだ。



不確実とカオスの時代を勝ち抜く 10X型企業・リーダーについて

第4弾のテーマは不確実の時代に飛躍する
・どうしたら10X型リーダーになれるのか?
・20マイル行進(狂信的規律)リスクマネジメントと持続的改善活動
・銃撃に続いて大砲発射(実証的創造力)創造力の重要性
・死線を避けるリーダーシップ(建設的パラノイア)
・具体的で整然とした一貫レシピ<SMaC>
・運は選択とチャンスの活用によって、決定する。
全体的に攻めというより守りの内容であったが、学ぶべきところは多い。

SMaCレシピとは
Specific:具体的である。
Methodical:整然としている
and
Consistant:一貫している
 これは永続性のある法則であり、着実な成功を可能にする基盤になる。

具体的である必要があり、「何をやるべきか」「何をやってはならないか」について明示しており、会社全体が一丸となって業務改善に取り組めるように作られている。

本書ではインテルやサウスウエスト航空のSMaCレシピが事例と知れ挙げられていた。

これは、クレドと戦略の間くらいのものだと思う。

会社の過去の歴史の中で大切にされていた戦略のようなもの

イノベーションでもまとめてみよう

やはりビジネスマン必読かな

アマゾンで購入  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 11:28Comments(0)私の読書