2010年01月24日

苫米地英人 宇宙を語る

苫米地英人 宇宙を語る


友人の勧めで読んでみた。

宇宙はなぜ存在するのか?

想像主とはだれなのか?

機能脳科学者という筆者が繰り広げる独特の宇宙観

宇宙はなぜ存在してるのか? 「さみしいから」

能がなければ宇宙は存在しない

などなど

物理学と哲学を融合させたとてもわくわくする本だ。

将来的にはこの分野の学問が進み、あらたな価値観が想像されるのだろう。

少し難しかったが、理系出身の私にとってはこのアプローチに共感です。  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 19:54Comments(2)私の読書