2012年11月29日

ビジョナリー・カンパニー 4

早速第4弾を読んだ。



不確実とカオスの時代を勝ち抜く 10X型企業・リーダーについて

第4弾のテーマは不確実の時代に飛躍する
・どうしたら10X型リーダーになれるのか?
・20マイル行進(狂信的規律)リスクマネジメントと持続的改善活動
・銃撃に続いて大砲発射(実証的創造力)創造力の重要性
・死線を避けるリーダーシップ(建設的パラノイア)
・具体的で整然とした一貫レシピ<SMaC>
・運は選択とチャンスの活用によって、決定する。
全体的に攻めというより守りの内容であったが、学ぶべきところは多い。

SMaCレシピとは
Specific:具体的である。
Methodical:整然としている
and
Consistant:一貫している
 これは永続性のある法則であり、着実な成功を可能にする基盤になる。

具体的である必要があり、「何をやるべきか」「何をやってはならないか」について明示しており、会社全体が一丸となって業務改善に取り組めるように作られている。

本書ではインテルやサウスウエスト航空のSMaCレシピが事例と知れ挙げられていた。

これは、クレドと戦略の間くらいのものだと思う。

会社の過去の歴史の中で大切にされていた戦略のようなもの

イノベーションでもまとめてみよう

やはりビジネスマン必読かな

アマゾンで購入  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 11:28Comments(0)私の読書