2016年03月11日

ベルフェイス社とアライアンス

プレスリリースさせていただいたが、ベルフェイス社と提携をしオンライン商談サービスの市場に参入した。(ベルフェイス リリース

ベルフェイス


今まで当たり前に訪問していた法人営業。

そこに大きな無駄があった。

とにかく訪問、数で勝負、汗と涙の営業活動

もうこんな時代は終わった。

アメリカではすでにインサイドセールが進み、全営業の半分以上が非訪問の営業とのこと。

このサービスを通じて法人営業に変革を起こしたい。

セミナーも実施してます。

https://www.innovation.co.jp/service/bellface/

インサイドセールスとは?
インサイドセールスとは、電話や電子メールなどの非対面チャネルを活用して、顧客とコミュニケーションを行なう営業手法。主に法人を対象にしたB2Bにおいて、新規見込み客の創出、商談機会の醸成、そして、製品販売後の関係熟成といった役割を担う。ちなみに、Webの製品情報を見て、企業に問い合わせをする消費者に、電話やメールで対応するB2C型のインバウンドセールスは、インサイドセールスには入らない。

 米国においては、2008年のリーマンショック以降、インサイドセールス市場は年率平均7.5%以上で成長。2008年から3年間で80万人以上の雇用を創出しているという。そして、2013年には営業リソースの52.7%が、インサイドリソースに割かれているという実態もある。つまり、この調査結果では、米国における営業組織体制は、訪問営業を行なうフィールドサービスよりも、電話やメールによるインサイドセールスの陣容の方が多いという状況になっているというわけだ。
当社イノベーションのお客様を中心にご紹介を進めていきます。
http://ascii.jp/より引用)

  

Posted by ベンチャー社長ブログ at 15:05Comments(0)今日のビジネス