2013年08月12日

知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長・・

経営者jpの井上社長から献本いただいた。



中小企業だからこそ採用が最も重要な業務だと思う。

大企業は中小、ベンチャーにない歴史、知名度、仕組み、組織、顧客などのアセットがある。

だから、採用が少々失敗しても大きな影響はない。

しかしアセットの少ない中小、ベンチャーは新人一人であっても影響が大きい。

だからこそ徹底的にこだわるべきなのだ。

学歴が高いからといって仕事ができるとは限らないが、

小さな会社でも東大、京大などの超優良校からどうやっら採用できるか?のノウハウ満載だ。

改めて学んだこと
志望動機を最初に評価するのは間違え
優秀な学生とは採用とは別の理由で会う
習慣になるまで努力したエピソードを聞く
そして
社長の情熱は伝わる
井上さんありがとうございました。

Amazonで購入


同じカテゴリー(私の読書)の記事
ワーク・ルールズ!
ワーク・ルールズ!(2016-02-07 21:33)


Posted by ベンチャー社長ブログ at 09:22│Comments(0)私の読書
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。