2015年06月02日

いの新聞

月一度発行の社内報「いの新聞」

部門トピックス、クラブ活動、社員のコラム、お勧めランチなど本格的な新聞だ。

いの新聞

社内掲示板だけでなく、お手洗いにも掲示している当社らしいコミュニケーション施策。

いらしたお客様もよくご覧になられ、当社の文化や風土をお伝えするツールにもなっている。




今回のブログでは、私が毎月書いているコラム「Naoty通信」をシェアします。

よかったらご覧ください!!

「いの新聞 6月号」Naoty通信

弱みを無意味なものにする?

「組織で仕事を行う最大のメリットは、人の強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすること」

ドラッカー語録の中で最も好きな言葉の一つです。

これはどういうことでしょうか?掘り下げてみます。

人には強みもあれば弱みもあります。

経営者も同じで、ほとんどはスーパーマンではなく実はダメなところももっています。


例えば私の例。

新しいアイデアを考え事業を立ち上げることは、好きで、得意だとは思います。

でも、立ちあがった事業の課題を分析し、それを改善し続けていくのはあまり得意な方ではありません。

好奇心旺盛で、すぐに新しいことをやりたくなってしまうのです。

ベンチャー社長に最も多い「1を10」よりも「ゼロを1」にするほうが得意な起業家タイプです。

一般的に新規事業は利益を生まず、稼ぐのは既存事業です。

だから起業したベンチャーは、あるところまでいって頭打ちになるケースが多いのです。


でもベンチャーでもブレークスルーする会社はあります。

そういう会社は、早いタイミングからしっかりと「組織」を作っているのです。

社長が自分の強みにフォーカスし、弱みを克服する人を採用し、任せていく。

そうすることで、既存事業を伸ばし、新たなステージにいくことができるのです。


組織はパズルのようなものだと思います。

経理が得意な人、深く考えるのが好きな人、技術の習得が得意な人、新規営業が得意な人、またその逆の人・・・

社員一人一人には強みもあれば、弱みもあります。

そのデコボコを皆でうめて、大きな大きな絵を描いていくのです。


チームでも同じです。各自の強み、弱みを議論して組織を作っていった方がそのチームは早く成長できるのです。

人の強みを活かし、弱みを無意味にするのが組織なのです。

皆さんも改めてチーム内で各自の強みを分析してみてはいかがでしょうか?
同じカテゴリー(今日のビジネス)の記事
15周年 パーティー
15周年 パーティー(2016-02-28 20:26)

東京で働こう
東京で働こう(2016-02-03 17:43)

謹賀新年2016年
謹賀新年2016年(2016-01-04 20:50)

15周年記念パーティ
15周年記念パーティ(2015-12-20 18:25)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。