2006年05月17日

システム化

ベンチャー企業において業務のシステム化は後回しになるケースが多いと思う。

ベンチャー企業が限られたアセットをどこに集中させるか。

やはり営業や商品、人材に時間を集中させるところが殆どであろう。

なかなかシステム投資までパワーが行き届かない。

当社もまさに業務のシステム化が課題である。

2年前に作った販売システムと、パッケージである会計ソフトとのリンクがうまくいっていなかった。

最近の取引会社の増大に伴い経理業務が煩雑になってきたため、今回着手することに決めた。

システムでできるところは社員がやってはいけない。クリエイティブな仕事をするべきである。

どちらかというと、大手企業よりも社員が少なく、余裕の無いベンチャー企業のほうがシステム化の必要があるのかもしれない。

これを期に、徹底的に社内の業務分析を行い、システム化を推進していこう。
同じカテゴリー(今日のビジネス)の記事
15周年 パーティー
15周年 パーティー(2016-02-28 20:26)

東京で働こう
東京で働こう(2016-02-03 17:43)

謹賀新年2016年
謹賀新年2016年(2016-01-04 20:50)

15周年記念パーティ
15周年記念パーティ(2015-12-20 18:25)


Posted by ベンチャー社長ブログ at 21:32│Comments(1)今日のビジネス
この記事へのコメント

そうですね。おっしゃるとおりです。
規模が大きくなる前にしないといけませんね。
-----

COMMENT:
AUTHOR: 伊藤
EMAIL:
IP: 210.87.77.114
URL: http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/e098/e098/
DATE: 05/17/2006 10:56:36 PM
規模が小さいうちに業務システム(インフラ)を構築しないと
大きく発展しようとする時に弊害が出る様です。
零細の私ですが、常にこの事に気を配りながら業務にあたって
います。
Posted by 富田直人 at 2006年05月20日 10:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。