2006年11月19日

美しい国へ

美しい国へ

安倍晋三首相美しい国へを読んだ。

なかなか進まなかったが、ようやく読み終わった。

保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…。

ナーバスでありかつ重要でもある問題を安倍首相が正面から取り組んで書いたのがよかった。

特に少子化と教育問題は、在任中に取り組んで成果を出して欲しい課題だ。

首相の考えが分かりやすく書かれている。

ただ、もう一歩踏み込んでも面白かったと思う。

一度は読んだほうがいい本です。
同じカテゴリー(私の読書)の記事
ワーク・ルールズ!
ワーク・ルールズ!(2016-02-07 21:33)


Posted by ベンチャー社長ブログ at 21:58│Comments(0)私の読書
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。