2010年03月14日

原丈人 国富論

原丈人 国富論

原丈人 国富論

友人の勧めで読んだみた。

ベンチャーキャピタリストとして世界中で数々のベンチャー企業を育成してきた著者が

テクノロジーの進化を通じて資本主義の未来と 日本が取るべき道を示した本。

確かにNEO国富論!

気になったポイント

ROEや時価総額経営の終焉
製造業よりもネット企業のほうがROEは高いに決まっている
公開企業のストックオプションは廃止すべき
物言う株主の封じ込め方
ソフトバンク、楽天はIT企業ではない
PUC(パーペイシブ・ユビキタス・コミュニケーション)の時代へ
CEOの人事について
リストラに走る大手企業、雇用を生み出すベンチャー企業
新しい価値観
ODA
日本に優秀な人材を集めるには
など


日本が大きく変わる必要性を説いている。

この本が出されたのは3年前

すでに大きな変化が起こっているのが恐ろしい

スピード・スピード!


同じカテゴリー(私の読書)の記事
ワーク・ルールズ!
ワーク・ルールズ!(2016-02-07 21:33)


Posted by ベンチャー社長ブログ at 21:17│Comments(0)私の読書
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。